営業許認可申請

営業許認可手続き、本当に専門家の力を借りずに大丈夫?

日々の仕事に追われる毎日、複雑な事務作業は当事務所にお任せいただければ、お客様は本業の準備に時間をかけることができます。

せっかく会社を作ったのに、営業できない?

営業できない?

 日本の法律では、一般市民や利用者を保護する目的から、多くの業種が、官公庁から許認可を受けたり届出をしなければ、営業ができないことになっています。

 カフェやレストランなどの飲食店をはじめ、建設業、産業廃棄物処理業、人材派遣業、介護サービス事業所、リサイクルショップ、ペットショップ、理髪店や美容院、ゲームセンター、パチンコ店・・・
例を上げればキリがありません。

 そして、各事業や業種によって求められる要件が法令で決まっており、これを満たしていないと、官公庁の許認可が下りなかったり、届出が受理されないのです。

 つまり、「会社は設立できたのに営業ができない!」なんてことが現実に起きてしまうのです。

 会社設立時に、許認可の要件とされる事業目的や資本金の額を定款にしっかりと記載していることが重要となり、初めての方では、これがなかなか難しい作業だといえます。

営業許可認可登録の種類

営業許可・認可登録の種類

 営業許可・認可・登録が必要と言うことはわかっても、どの種類や区別で取得すべきかといった判断は、お客様の業務内容や実態、今後の方向性を考慮して総合的に考える必要があります。

 本やインターネットである程度の情報は取得できるようになりましたが、一度失敗してしまった申請を途中から軌道修正することは、整合性がつきにくく難易度を極めます。家に例えるなら、基礎部分に欠陥のある住宅を建ててしまったら、リフォームなんてものでは済まされず、一回更地にして立て直す手間が増えるようなものです。

 「実際にどのような資料を集めたら要件が満たせるのか?」「許可を取らないと仕事が回せないと急に言われて困っている」等々、お気軽にご相談下さい。

取得後の手続き忘れで失効しないためにも、当事務所ではトータルにお客様の各種許可認可登録をサポートします!

各種許認可登録をサポート

 各種許可・認可・登録等の届出と合わせて、会社設立や法人成りがどのタイミングに適しているのか、また要件として専従・常勤制が求められる場合が多く、当事務所にてスピーディーな対応が可能です。

 そして何より、せっかく取得した許可・認可・登録も、一定期間経過後の報告や更新手続き忘れによって失効して営業出来なくなってしまっては元も子もありません。運転免許証とは違って、官公庁は何のお知らせもしてくれないケースが多くあります。

 当事務所では期限が近づいてきたお客様にあらかじめご案内するアフターフォローサービスも行っておりますので、ご活用下さい。

ご利用料金の目安

業務名 料金
(当事務所報酬額)
建設業許可申請 162,000円~
(知事・一般の場合)
産業廃棄物許可申請 162,000円~
介護サービス事業所の指定申請 162,000円~
(訪問介護事業所の場合)
労働者派遣事業許可申請
(改正労働者派遣法対応)
162,000
古物商許可申請
(中古車販売、リサイクルショップ等)
54,000
その他
(酒類販売、たばこ小売販売業許可申請、宅建業免許申請、土砂埋立行為許可申請、一般貨物自動車運送事業経営許可申請、貨物利用運送事業登録申請、飲食店営業許可申請 等々)
各種許認可申請対応します
別途お見積りします
  • 別途、登録免許税や各種証明書類発行手数料などの実費が発生します。