時間外労働等改善助成金

中小企業における労働時間の設定改善の促進を目的とした助成金

時間外労働等改善助成金

時間外労働等改善助成金

 時間外労働時間の削減だけでなく、働き方(在宅、シフト勤務)等を工夫したり、社員の意識改善を図ったりする企業に対して支給される助成金で、以下5コースあります。

  1.  時間外労働上限設定コース
  2.  勤務間インターバル導入コース
  3.  職場意識改善助成コース
  4.  団体推進コース
  5.  テレワークコース

 使いやすいコースの概略を紹介します。

時間外労働上限設定コース

 中小企業が時間外労働の上限規制等に円滑に対応するため、生産性を高めながら労働時間の短縮等に取り組む場合に助成金が支給されます。このコースは月45時間を超えるなどの特別条項付き36協定を締結し、当該時間を超える時間外労働等を複数月行った労働者がいる事業主(単月に複数名が行った場合を含む)が、長時間労働の見直しを図り、働く時間の短縮を支援するものです。

【対象事業主】
  • 労働者災害補償保険の適用事業主かつ中小事業主である。
  • 36協定において限度時間を超える内容の時間外・休日労働に関する協定を締結し、実際に限度時間を超える労働者が複数月ある事業場を有する事業主。
【成果目標】(※以下のいずれかを設定)
成果目標 上限設定
目標1 45時間以下かつ、年間360時間以下
目標2 45時間以上60時間以下かつ、年間720時間以下
目標3 60時間以上80時間以下かつ、年間720時間以下
【支給対象となる取組】
  1. (01) 就業規則の作成・変更
  2. (02) 研修(業務研修を含む)
  3. (03) 外部専門家によるコンサルティング
  4. (04) 労務管理用機器等の導入・更新
  5. (05) 労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新
  6. (06) 人材確保等労働時間短縮や生産性向上に向けた取組
【支給額】

支給対象となる取組経費の一部を補助する助成金です。

  • 1事業者あたり上限200万円
  • 対象経費の合計額×補助率3/4(事業規模30名以下かつ設備・機器等の費用が30万円を超える場合は4/5)

※成果目標と達成状況により異なります。

勤務間インターバル導入コース

 勤務間インターバルとは、勤務終了後、次の勤務までに一定時間以上の「休息時間」を設けることで、働く人の生活時間や睡眠時間を確保し、健康保持や過重労働の防止を図ることを目的としたものです。

 2019年4月より、制度の導入が努力義務となりましたが、このコースはその導入に取り組む中小企業を支援するものです。

【対象事業主】
  • 労働者災害補償保険の適用事業主かつ中小事業主である。
  • 勤務間インターバルを導入していない事業場を有する事業主であること。
【支給対象となる取組】
  • 時間外労働上限設定コースと同様の取組。
【支給額】
  1. (01) 対象経費の合計額3/4(事業規模30名以下かつ労働能率の増進に資する設備・機器等の経費が30万円を超える場合は4/5)
  2. (02) 上限額
    インターバル時間数等に応じて
時間 上限設定
9時間以上11時間未満 80万円
11時間以上 100万円